家賃が上がっても欲しい設備とは?

入居者のニーズ, 空室を減らすコツ, 賃貸管理のコツ
家賃が上がっても欲しいサービス・設備

部屋選びで決め手となる設備、あれば便利だと思っている設備やサービスは何か?
言い換えれば、それは家賃が高くなっても欲しい設備でもあります。

リクルート住まいカンパニーと21C.研究会の共同によるアンケート結果をご紹介致します。
そこには、昨今の入居者のライフスタイルを反映した設備やサービスへのニーズが浮き彫りとなっています。

 

不在時でも安心・便利な設備に注目度アップ

~家賃が上がっても欲しいサービス・設備とは?~
家賃が上がっても欲しいサービス・設備

多少家賃が上がっても欲しいサービス・設備は?」の質問で、最も多かったのが“24時間ゴミ出し可能”でした。賃貸住宅の入居者トラブルでもゴミ問題は多く見られます。つまり、決められた曜日や時間通りにゴミが出されていないなど、近隣から苦情がくるケースです。自治体によっては、ゴミの分別が何種類も分けられていますので、それもルール違反には苦情がきます。分譲マンションなどでは、鍵の付いたゴミ収集室があり、管理人が管理していれば24時間のゴミ出しも可能なのですが、賃貸ではなかなか難しいかもしれません。ゴミ出しは非常に面倒な家事の一つですが、近隣とのトラブルをなくすためにも、専用のゴミボックスを設置することなどは有効でしょう。

潜在ニーズはまだまだある-お金を払ってでも受けたいサービスは?
お金を払ってでも受けたいサービス
 

次はプラスアルファでお金を払ってでも受けたいサービスです。
1位は“プロバイダサービス(光通信)”でした。これは、今の時代には不可欠のもので、今はインターネット無料を打ち出すアパートもあるほどです。若い人の中には、テレビはないがパソコンはある、という人もいます。設備としてはケーブルテレビを経由してインターネットを利用している場合もあるでしょう。4位にも“WIFIサービス”があります。これも無線によるインターネットサービスです。これらは、今後スマートホンや通信会社のサービスの進化で仕様や使い勝手が変わることも考えられますが、最低限、光通信が使えるように設備だけは整えたいものです。

生活費に直結するエコ設備の認知と需要
知っていて、欲しいと感じるエコ設備

 
節電、省エネの意識が高い昨今ですが、賃貸住宅では、どの程度エコ設備が求められているのでしょうか。エコ設備について知っているか、欲しいと感じているかを聞きました。1位は“LED照明”。今は照明機器付きも増えてきました。LEDは自分で買うと高価ですし、賃貸ではメリットの一つである長寿命はあまり関係なく、手が出しづらいものです。しかし、それだけに初めから備わっていればアピール度は高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です