クレームからトラブルに発展させないために

クレームからトラブルに発展させないためにも、 早目早目の対応、そして原因追求と素早い事情説明が第一 賃貸経営をやっていると、あらゆる局面でクレームが発生します。 クレームも単なる苦情、文句といったレベルから損害賠償などで司法に持ち込まれるケースまで実に様々ですが、損得の絡んだ利害関係の対立というより、ちょっとしたスレ違いといったウッカリミスが多いのも事実のようです。 賃貸経営では大きく、 ◆ 入居者 ⇔ 仲介・管理会社 ◆ 家 主 ⇔ 仲介・管理会社 ◆ 入居者 ⇔ 家主 の3つの接点(取引き関係)が生じます。 それぞれの間で、契約書による取り決めとその履行、金銭の授受、共同生活上のルールの取… 続きを読む