設備のトラブルに備えましょう【エアコン編】

よくあるトラブル
エアコン

今年の繁忙期にご契約頂き4月にまでに多くの方にご入居頂きました!

そこで今回は、暑くなる季節を前に設備の中でもよく聞かれる
「エアコンきかないんですけど・・・?!」
との問い合わせに対応すべく、エアコン業者に聞いたエアコンの交換時期などをご案内します。
 
 


■エアコンの寿命・耐用年数

ズバリ!○○年です! と言えたらいいのですが、わからないというのが正直なところ。

エアコンに限らず他の家電製品もそうですが、あたりはずれもありますし、

初期不良ですぐ壊れるものもあれば、20年以上使っても現役というものも

あると思います。エアコンに関しても、10年経ずに壊れるものもありますし、

20年以上使われているケースもありますので、いくつかの指標を参考下さい。

1 現在売られているエアコン本体には、
「設計上の標準使用期間10年」との記載がある。

2009年より法律に基づいて、経年劣化による事故を防ぐための注意喚起がされています。

2 国の統計(内閣府の消費動向調査)をみると、、
過去10年のエアコンの平均使用年数は10~12年

3 製造物責任法(PL法)では、メーカーは製品の、
引渡しから10年以内は損害賠償責任を負う。(1995年以降の製品)

4 エアコンの部品がなくては修理もできない!、
(エアコンの「補修用性能部品の最低保有期間」は9年)


以上4点をみると、やはり10年くらいが一定の目安となるかもしれません。

ただ、ご入居者やお部屋によって使用頻度、エアコン移設回数の有無、結露しやすいなどの周辺環境、エアコンのお手入れの状況などによっても大きく変わってることと思います。そういう意味でも入退去があった際はエアコンの状態をよく確認することが必要となります。

エアコンクリーニング、ガス補充や配管交換等工事代、修理代などで費用がかかる可能性もありますので、総合的に判断して思い切って交換をご提案することがあるかもしれません。

 

まとめ

まず10年をひとつのメドに、エアコンの製造年や状態のチェックが必要です。暑いピーク時ですとエアコン工事業者が多忙で希望日時に交換できず、更なるクレームに発展しかねませんので、今のうちに設備の更新をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です