空室率と3つの空室対策

全国賃貸住宅新聞社調べの【全国の賃貸住宅数と空室率の状況】を見てみますと、空室率が1番高かったのが福井県の44.24%で、次いで山梨県の39.14%、2~3件に1件の割合で空室が発生しています。(順位が上位なほど空室が多い)また、一番空室率が低かったのは沖縄県の13.18%、次いで東京都の16.05%という結果でした。 神奈川県は42位で空室率19.25%と全国平均を下回りました。全国平均を下回ったとはいえ安心はできません。 約5件に1件は空室が発生しており、何も考えずに賃貸経営を行っていると空室が増える一方です。 そこで・・・・ 空室対策3つのステップ 【ステップ1 A】 〝プレリサーチ(事… 続きを読む