安定したキャッシュフローを得る方法!

入居者のニーズ, 賃貸管理のコツ

~入居者の不満を解消し、サービスに努め、

     長く住んでもらえば稼働率は必然的に高くなり、経営も安定!~

みなさまご存じですか?このデータを!
chintaiblog12
全国平均居住年数(全国)になります。
グラフから読み取れるように、6年以上住んでいただける割合は、高齢者が圧倒的に多いことが分かります。

そこで、ターゲットを高齢者に絞ることで、安定経営につながります!
新規募集時には、高齢者も歓迎することで、安定的に収入を得ることができます。

また今、入居している入居者に、できるだけ長く住んでもらう!ことでも安定収入が確保できます。

入居者に長く住んでもらうためには、まず入居者の要望に応えて不満を解消することが挙げられます。
たいていの入居者は今の住居に100点の満足度ではなく、多少なりとも何らかの不満を抱いているはずですから、そうした不満を解消してあげることです。

設備でも、およそ10年がひと区切りになりますが、あまり入居者にガマンを強いていると住み替えられる心配もありますから、老朽化した設備は入居中であっても折りを見て、思い切って取り替えることを検討してもいいのではないでしょうか。

賃貸経営は住居を提供して家賃をいただくのですが、同時にサービスも忘れないように。
入居者にしてみれば普段の生活に、たとえ親切心であってもとやかく干渉されるのは嫌だという半面、苦情、要望に対しての応対が悪いと、何も聞いてくれない、と不満がつのる結果となりますので、入居者の不満の声を聞き漏らさないことです。

このように入居者の不満を少しでも解消し、サービスに努める、と平凡なことですが、賃貸経営の原点はこんなところにあると思われます。
弊社では入居者様からの要望・苦情には迅速に対応することを徹底しており、場合によっては、直接お会いしに行くこともございます。今後も入居者様へのサービスにも力を入れていきます!

また高齢者に対して、安否確認サービス等のオーナー様が安心していただけるシステム構築を早期に作りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です