今の時期入居者に安心して住まいを提供するためには・・・

よくあるトラブル

1年間の中で、2~4月が引っ越しシーズン到来。俗にいう繁忙期!!
それに対して、7~8月が引っ越しのオフシーズン。俗にいう閑散期!!
(例年の流れによると・・・)

閑散期に差し掛かった今、管理会社は暇を弄んでいるのか!?
そんなことはございません。日々の業務で、
空室物件の募集・営業 

1 滞納者への督促 
2 入退去の案内 
3 修繕トラブルetc… 

と、日常で様々な業務が待っています。

その中でも、この時期に一番多い修繕トラブルをご紹介致します。
一番多い修繕トラブルとは、

夏のエアコントラブル!!

昨年の夏が過ぎ、秋・冬・春と超え、今年もエアコンをつける時期がやってきました。

「あれ!?エアコンが動かない!熱い!!どうしよう!!?」
と、入居者から修繕依頼の連絡が多く頂きます。

経年での修繕がほとんどですが、10年以上を経過したエアコンになってきますと、設定温度に達することができず、常に高速運転状態が続いてしまうこと中にはあります。

こういった修繕トラブルを未然に防ぐために、弊社では、空室物件をこまめに内見し、入居者が決まった際にトラブルにならないよう心がけております。

しかし、実際にはエアコントラブルは発生してしまうものです。

その際には、1日でも部品交換・エアコン交換を行うため、弊社では対応を強化しておりますので、是非オーナー様のご協力もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です