最近よく聞く「保証会社」って「連帯保証人」の違い

不動産用語, 賃貸管理のコツ
保証会社

 
お部屋を借りるためには必ず「連帯保証人」が必要なのは常識ですね。

しかし、お部屋を探している人の誰でも「連帯保証人」を用意できるというわけではなくなってきています。

「連帯保証人」が見つからなくてお部屋を借りられない入居者といち早く空室を解消したいオーナー様と
双方の間に残る問題は、やはり「連帯保証人」となります。

そこで増えているのが「保証会社」です。
保証会社の役割は、簡単に言ってしまえば、「連帯保証人の代わり」です。
 
 

【メリット】
・滞納者に代わって家賃を立替払いしてくれる。
・保証人がいない方でもお部屋を提供できる。
・入居者負担リフォーム代を立替払いしてくれる。
【デメリット】
・家賃保証会社倒産した場合に回収できない場合がある。
・加入料が入居者様負担となる。
メリット・デメリットをご理解頂いた上でご利用することで投資物件としてのリスクヘッジとなってくるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です