物件の賃料相場を調べる方法

賃貸管理のコツ
一般のお客様が物件を探す方法

1.物件情報を集める方法

賃貸物件の情報を集める方法として最も一般的なのは賃貸情報誌やインターネットを活用することが多いかと思います。しかし、もっとも有効的な調べ方は、購入した物件(購入予定の物件)の沿線・エリアが固まってきたら、実際にその街に出かけて、不動産会社の店頭などに掲載されている物件情報収集することと、直接不動産会社を訪問し、類似物件を探すことも現在の状態にもっとも近い情報となります。

 

2.賃貸情報誌・インターネットを活用

賃貸物件を効率よく探すには、賃貸情報誌やインターネットを活用するのが早道です。
そのポイントは次の通りです。
 

希望地域の傾向をつかむ
希望地域でどんな賃貸物件が多くあるか、
どのくらいの家賃の物件が多いか、
どの程度空室物件があるのかという傾向を情報誌やインターネットから読み取ります。

 不動産会社を見つける
不動産会社には様々なタイプがあり、1つの沿線・エリアに強い地元密着型のお店もあれば、
広い支店網と情報力を特徴とするお店もあります。
また賃貸アパートに強いお店、ファミリー物件が得意なお店等、得意分野も分かれていることもあります。
各社の取り扱い物件の傾向や、プロフィールを情報誌やインターネットでチェックできます。
その点から不動産会社を見つけてください。

 シーズン前から調査する
1年を通して春と秋は転居が多い時期になります。
賃貸物件は2月・3月・9月・10月に多くなります。
新築物件もこの時期に合わせて建築されることが多いです。
その為1月・8月から物件が増えてきます。
早めからの調査をすることで、より正確な賃料で募集することができ、空室期間も短くできることでしょう。

 

当社ではより正確な賃料で募集できるように、日々調査しております。また地域の不動産会社と密に連絡をとることにより、その地域の情報を仕入れております。また直接現地を見ることでより詳しい情報や、現状を知ることができるので今後も行っていきたいと思います。オーナー様にアドバイスする上で必ず必要なことです。また家賃を下げること以外にも成約する方法は沢山あるかと思います。今後も賃貸事業部一同、協力して仕事をしてきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です