設備のトラブルに備えましょう【給湯器編】

よくあるトラブル

関東地方も梅雨入りし、暑かったり、涼しかったりと気温の変化が激しい季節となりました。

そんな時、「お風呂に入りたいのに入れない・・・お湯が出ない・・・給湯器故障?」と入居者から連絡が入ることがあります。

何が原因で故障してしまうのでしょうか?また、そもそも給湯器に寿命はあるのでしょうか?

→給湯器も機器の一つなので寿命というより「耐用年数」または「致命的な故障」というのが正しい考え方になるでしょう。


 
耐用年数の考え方としては
 
1 経年劣化に伴い、設計上の性能が維持できない。
 
2 概ね10年以上経過した給湯器
(メーカーより公表されている「設計標準使用期間」は、
製造年月を始期として10年となっています)
 


以上のように、耐用年数が経過した場合の不具合も多く見られますが、ガス給湯器はガス管、給水管給湯管、電源と様々なものが接続しておりますので、色々な故障原因が考えられます。
一例ですと・・・
・冬の寒い時期は給水配管が凍結してしまい、十分な水量が給湯器に供給されないためにお湯にならない。

・空気とガスのバランスが崩れてしまっている場合やファンモーター部品の不具合のため、給湯器からホラ貝やピーという笛のような異音がする。

・給湯器が不完全燃焼を起こし、点火する際に小さな爆発音が頻繁に起き、部屋がガス臭い状態になる。この場合はガス漏れの可能性もあるため、至急の対応が必要となる。
給湯器は使用状況や設置状況などにより、耐用年数にズレが生じますので、8年程度で不具合を起こす機器もあれば20年以上一度も故障がなかったというものもあります。

ただ、使用期間が10年を過ぎている場合はメンテナンス部品が入手困難で修理対応が不可能な場合もございますので故障や不具合が起きた時に給湯器の寿命を延命する修理より、その後のリスクや修理費用などの兼ね合いから交換をおススメする場合も多いです。

給湯器故障は、入居者様が不便な生活を強いられてしまいますので総合的に
判断頂き、修繕のご用命を頂戴できますようお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です