マンションの「居住者トラブル」について

よくあるトラブル

住民間によるマンショントラブルには、どのようなものが多いか。特に多いトラブルをご紹介します。

世代や考え方の異なる、さまざまな人が生活するマンション。集合住宅ならではの、住民間によるトラブルも起こりがちです。特に多いのが、マナー違反が原因で起こるいざこざ。 平成25年度の「マンション総合調査」(国土交通省)では、マンションで起こったトラブル全体のうち55.9%が「居住者間の行為、マナーをめぐるもの」となっていて、ダントツの1位です。

その解決手段として、訴訟になったケースも103件報告されています。

(1)「ペット飼育」のトラブル

動物の飼育に関するルールはマンションごとに異なります。飼育が可能な場合でも、動物の種類やサイズなど、ある程度の制限を管理組合で設けていることが多いです。飼育禁止のペットを飼うのは論外として、トラブルになりがちなのは飼育マナーやエチケットに関するものです。ペットをエレベーターに乗せたときには自ら抱えるとか、ニオイに気をつけるなどの配慮が必要。ペットが苦手な人もいらっしゃることを認識した行動ができていない場合に、クレームに発展することが多いです。

(2)「生活音」のトラブル

192392
足音や子どもの声、楽器の音などによる苦情は、マンションの場合特に多くなります。騒音を出さないよう注意喚起を行ってもなかなかやめず、逆に悪質なものに発展するケースもあります。ただ、騒音は感じた本人の主観によるところもあるので、クレームの付け方も含めて判断や取り扱い方が難しいテーマです。大きなトラブルにしないためにも、入居者同士が少なくとも早朝や深夜の時間帯に音を出すような行動を控える配慮がもっとも大切です。

(3)「駐車違反」のトラブル
「マンションの居住者を訪ねてきた来訪者が、勝手に駐車スペースに車を停めてしまうことによるトラブルです。また、来訪者用の駐車スペースを用意し、駐車票を見えるところに掲示するようルールを定めているマンションもありますが、基本的には数時間以内の駐車というのが暗黙の条件。でも、なかには自分の車を来訪者用スペースに長時間停めたり、毎日のように停める人もいます。一般居住者の“常識の範囲”を越えてしまうと、トラブルに発展しがちです。

上記のようなトラブルは入居者のマナーにより改善されるものですが、たくさんの人が生活する集合住宅で全員がマナーを守った生活をおくることは難しいのも事実です。本来は、住民同士が話し合いを重ねて約束事を共有し、管理規約に盛り込むことが望ましいのでしょうが、賃貸物件となりますと入居者自身が規約を定めることはほとんどありません。マンションは時代とともに住み手も変わってくるので、定期的にルールを見直していくことがトラブルを未然に防ぐことにもつながると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です