給湯器が故障する設備トラブルの時

よくあるトラブル
給湯器トラブル

冬の寒い時期に特有の設備トラブルについてお話しさせて頂きます。
この寒い時期、朝起きて顔を洗おうとしたら、お湯が出ない!!
朝シャワーを浴びようと思ったら、お湯が出ない!!
なんてことは、想像するだけで寒気がしますね。

しかし、賃貸住宅に限りませんが、冬の寒い時期には、こういった給湯器が故障する設備トラブルがよく起こります。
 

そんなとき、弊社では入居者へまず確認していることがございます。

・ガス栓・給水元栓が全開になっていませんか?
・ガスメーターがガスを遮断していませんか?
・水抜き栓のフィルターが汚れていませんか?
・運転スイッチが「入」になっていますか?
・電源プラグが抜けていませんか?

 
これらを確認してもなお、給湯器が作動しない場合、次の状況が想定されます。
 
1つ目は、給湯器につながっている水道管や給湯器本体の配管に溜まっていた水が、夜のうちに凍ってしまい、故障してしまうということです。
そして2つ目は、経年劣化で故障して動かないということもございます。
 

そんな時、弊社ではまず部品の交換で修理をして頂けるようリフォーム業者へ促しております。
しかし、部品はいつでもあるものではなく、製造時期によっては廃止されている場合がございます。
別のメーカーの部品に対応できるのであれば交換は可能ですが、そううまくいきません。
そうなってしまうと、本体交換もしくは、ほおっておくしかありません。
ほおっておくと、家賃の高額減額や最悪退去といった流れになってしまう可能性がございます。

そんな最悪な展開にならないよう、弊社では1日でも早く修繕に取り掛かれるよう、早急にご対応させて頂いております。
 
 

やはりお風呂が入れないとなると入居者様への被害がかなり大きなものになりますので、1日でも早く通常通りの暮らしをして頂けるよう心掛けております。

ですから、緊急なご対応でオーナー様へご連絡させて頂くかと思います。
ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です