「プラスアルファのリフォーム」で空室対策

賃貸マンションのオーナー様は「なるべく原状回復費用をかけたくない。」そう思われる方がほとんどかと思います。しかし、ボロボロの部屋に住みたいと言う人は、まずいません。 原状回復に費用をかける代わりに家賃を下げると、利回りが下がるだけでなく、入居者の質の低下に伴い、滞納率や近隣世帯とのトラブルの増加等、悪循環に陥ります。原状回復は賃貸経営に常につきまといます。 原状回復とは、前の入居者が暮らしたことによって劣化した部分を「元に戻す」工事を指します。 せっかく原状回復を行うのであれば、「原状回復の為のリフォーム」ではなく、「プラスアルファのリフォーム」を行うことで入居率の向上や、家賃のアップも見込む… 続きを読む

保証会社って?

ランドネットでは新規で賃貸借契約を締結する際に原則、保証会社に加入頂いています。 この家賃保証会社ですが、オーナー様が直接関わることが少ないので、具体的業務としてどんなことをしているのかご紹介します。 賃貸借契約を締結する場合、賃貸人(賃貸人代理人)と賃借人が契約当事者となります。しかし、賃借人が家賃を払えなかった時(家賃滞納)に備えて、契約締結時に連帯保証人を立ててもらい、万が一の場合は賃借人に代わって賃料を支払うという契約形態が以前は大多数でした。近年ではその連帯保証人に代わるのが家賃保証会社です。 保証会社のシステムは賃貸人(賃貸人代理人)と賃借人と保証会社にて保証委託契約を締結し、賃借… 続きを読む