保証会社って?

不動産用語, 入居者のニーズ, 賃貸管理のコツ

ランドネットでは新規で賃貸借契約を締結する際に原則、保証会社に加入頂いています。
この家賃保証会社ですが、オーナー様が直接関わることが少ないので、具体的業務としてどんなことをしているのかご紹介します。
賃貸借契約を締結する場合、賃貸人(賃貸人代理人)と賃借人が契約当事者となります。しかし、賃借人が家賃を払えなかった時(家賃滞納)に備えて、契約締結時に連帯保証人を立ててもらい、万が一の場合は賃借人に代わって賃料を支払うという契約形態が以前は大多数でした。近年ではその連帯保証人に代わるのが家賃保証会社です。
保証会社のシステムは賃貸人(賃貸人代理人)と賃借人と保証会社にて保証委託契約を締結し、賃借人が家賃滞納を起こした場合は保証会社が賃借人に代わり賃料を代位弁済し、弁済した分を保証会社が賃借人へ請求します。これにより家賃滞納のリスクが回避され安定経営につながるわけです。

【保証会社の主な保証内容】
①家賃滞納時の賃料
②明渡し訴訟費用
③残置物撤去費用
④原状回復費用
⑤更新費用   など

【保証会社の保証料】
《初回保証料》
保証会社によって保証料金の違いはありますが、賃借人が負担するのが一般的です。
《更新保証料》
賃貸借契約と同様、保証契約にも1年もしくは2年毎に更新がありますが、更新保証料も賃借人が負担します。

【保証会社利用のメリット】
《選択肢が広がる》
連帯保証人を立てられない賃借人にとって、保証会社を利用することによって入居が可能になるため、物件選択の幅が広がります。
《毎月の立替がある》
保証会社が毎月の賃料を保証しているため、家賃滞納時でも家賃入金があり、安定収入が見込めます。

【保証会社利用のデメリット】
《入居者の費用負担が増える》
契約時に保証会社の初回保証料がかかるため入居者の金銭的負担が増える。
《補償金額に限度額がある》
保証会社が保証する金額は滞納賃料・訴訟費用・原状回復費用の全てを合計して○ヶ月分と保証会社によって上限金額が決まっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です