「ミニマムライフ」と「スモールハウス」。その魅力って?

マーケット情報, 入居者のニーズ

新しい画像 (25)地方での暮らしや、モノを減らしていく生活が注目されつつある今日このごろ。
場所や時間、そしてお金にとらわれず「シンプルに、自分らしく生きる」ことをテーマに、生活スタイルを模索する人達が増えてきております。

エコからさらに1歩踏み込んだミニマルライフという暮らしとは?

「簡単に言うと、極力モノを持たず情報も入れ過ぎずにシンプルな生活を送る、ということです。アメリカでは携帯やPCすらも持たない『ミニマリスト』と呼ばれる若者も増えてきています。ミニマルライフの実践を通して、自分が本当に大事にしているコトを見つめ直すことにつながるともいわれています」

モノを持たない生活なら家も大きい必要なない

モノを減らしていくと”あれが欲しい”とか、物質的なことを考えなくなるので、思考がクリアになっていきます。それに伴って生活の質が上がってくると人気が出てきております。

新しい画像 (26)今の日本では『衣』『食』に対するアイデアはほぼ飽和状態です。
しかし『住』に関してはようやくシェアハウスが定着したくらいで、あまり選択肢がないように思えます。
これから新しい『住』の選択が多様化してくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です