~神奈川県・千葉の空室率が35%超~

木造・軽量鉄骨の単身アパートが悪化 不動産調査のタス(東京都中央区)が9月30日に発表したレポートによると7月期の木造・軽量鉄骨造アパートの空室率が、増えているようです。 地域別に見ると・・・ 神奈川県が36.6%、千葉県が35%、東京23区が34.5%、東京都が31.6%、埼玉県が30.7%すべてのエリアで空室率が30%以上を超える結果となっております。 調べてみたところ、2015年8月以降、空室率が急伸しているようです。 首都圏のうち人口が減少している地域で、最寄り駅から徒歩10分以上の立地の悪いアパートが多く供給されている。 その大半は単身向け物件で、これらが首都圏のアパート空室率を悪化… 続きを読む

賃貸のオンシーズンに向け新入生・新社会人に人気の物件の特徴をご紹介

初めて一人暮らしをする新入生が希望している設備は、エアコンなどの最低限なものが多いようです。また、特徴3で取り上げているセキュリティー面に関しては、両親や親戚と一緒に部屋を探す新入生が6割~7割と多いため、ご家族の希望で安全な高セキュリティーなお部屋を選ばれることがあるようです。   これら踏まえるとオーナー様としては、入退去がある際に古くなってしまったエアコンや照明をリニューアルしたり、ホームセキュリティーを導入したりすると空室を避けることができ、オンシーズンに良い条件で新入生を迎える事ができるかもしれません。 新社会人は学生と異なってより充実したハイスペックな設備を求める傾向にあ… 続きを読む

相続税対策や低金利 貸家がけん引

国土交通省が8月31日発表した7月の新設住宅着工戸数は前年同月比8.9%増の8万5208戸だった。うち貸家は3万7745戸、単月として2008年12月以来の高い水準を記録した。相続税の課税強化や超低金利を背景したアパート建設が増えている。新設着工の年率換算値(季節調整済み)は100万5千戸と、3カ月続けて100万戸を超えた。 種類別では持ち家が6%増、貸家が11.1%増、分譲住宅が9.1%増と貸家が全体の伸びをけん引した。国土交通省によると、2015年1月の相続税課税強化を受けた節税対策に加えて「低金利でローンを組みやすい」などの声が出ている。