究極の空室対策

空室を減らすコツ, 賃貸管理のコツ

当たり前の話ですが退去する入居者様がゼロであれば空室対策は不要です。究極の空室対策は、現在の入居者様の退去・解約を極力減らし・防ぐことです。
最近の市場では空室率が悪化しており、完全に借り手市場になっております。一度入居者様が退去してしまうと、賃料の見直し(値下げすることが殆どです)、再募集時の広告料(AD)、原状回復費用、空室損などオーナー様の出費が嵩んでしまいます。また昔と違い礼金が取れない時代であることから、入居者様の入替えはあまりメリットがございません。
そこで今回は退去防止策をいくつかご提案致します。

・クリーニング
更新して頂ける入居者様へオーナー様の費用でキッチン、水周り等のクリー二ング行います。特に女性の方に喜んで頂けます。

新しい画像 (30)・設備投資
例えばエアコンは、夏場に故障が集中します。故障してしまうと夏場はその修理に1週間掛かることもありますので、その間入居者様は我慢を強いられます。結果、不満を理由に退室とならない為にも、壊れる前に新品へ交換すると、入居者様の満足度アップに繋がり、且つ、資産として残ります。

・更新料ゼロ(※保証会社・家財保険の費用は発生します。)
更新契約にかかる費用は、更新料、保証会社の保証料、家財保険の費用等が掛かります。アパート・マンションの供給過多のこの時代、敷金・礼金ゼロ、仲介手数料もゼロ、おまけにフリーレント付のお部屋もたくさんあります。更新時に費用を負担するくらいなら、新しいお部屋を借りたいと思う入居者様がたくさんいらっしゃいます。家財保険等は、ゼロに出来ませんが更新料を一度見直してはいかがでしょうか。0.5カ月にするだけでも更新される確率は上がります。

いずれのサービスも賃料の1~2か月分程度で行え、空室損、原状回復費用に比べ、費用を抑えられます。やむを得ない理由による退去は防ぎようがありませんが、サービス向上により、防げる退去もございます。今後ランドネットでは入居者様が更新したくなる、退去したくなくなるご提案をいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です