賃貸経営の成功率を高める方法

空室を減らすコツ, 賃貸管理のコツ

立派なマンションを購入しても、入居者が居なければ投資として成り立ちません。
長期空室の場合、理由は様々ですが客観的に分析することが大切です。

空室・退去の原因を探る

● 入居者が利便性の悪い場所(郊外)から良い場所(中心部)に住み替えている。
● 中心部に新築分譲マンションが大量供給され賃貸からの脱出が増加した。
● 老朽化した実家を二世帯住宅に建替えて親と同居する。
● マンションデベロッパーが売れ残り分譲マンションを賃貸に回している。
● 不景気による親の収入減で学生など子供への仕送りが困難になり、自宅から通える 学校に通わせる、又は仕送り減少により安賃料の物件に住み替えている。
● 不景気による影響で会社の住宅手当がカット、又は減少により自宅に戻る層が増加。
など

対策

建物は古くなり、そのまま賃料を保てる時代ではありません。工夫次第で賃料を下げずに次の入居者を決定させる事もできますが、大半はそのようにはいかず、値下げを余儀なくされています。
【対策1】 賃料の値下げ
(例)月額5万円の部屋の場合
値下げをせずに空室期間6ヶ月目に契約した場合、30万円の損、1年間の収入は5万×6ヶ月=30万円(3年間では、30+60+60=150万円)
5000円を値下げしてすぐ決まれば1年間で45000×12ヶ月=54万円(3年間では、54×3=162万円)5000円値下げしてすぐ決めた方が3年間でも12万の得となります。

【対策2】 『募集条件の緩和・見直し』
ペット飼育可にする、高齢者及び生活保護者対応可にする。
保証人なしに滞納保証できる保証会社を利用する。

【対策3】 『所有の物件はしっかり管理会社に管理されているか』
1. 郵便ポスト周辺にチラシが散乱していないか。
2. 自転車置場は整理されているか。
3. 敷地内(庭含む)に雑草が伸びていないか。
4. 共用廊下、エントランスにゴミが落ちていないか。
5. 鉄部(階段、バルコニー、柱等)が錆びていないか、若しくは塗装が剥げていないか。

まとめ

賃貸管理会社からの、日頃気づかない入居者視点での賃貸経営への提案事項に耳を傾けることは大切です。低コストで実施できる改善策の提案があれば積極的に取り組む事で空室率の改善にも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です