宅配ボックスが必須!?

入居者のニーズ, 空室を減らすコツ, 賃貸管理のコツ

最近話題になっている、配送業者の動画をテレビのニュースで見ました。
いくらイライラが溜まっていたとは言え、業務として賃金を受け取って行って配送を行っているのだから、他人の荷物にその矛先を向けるのはどうかと思いますが、実際に現場で配送をしている方々の負担が大きくなってしまっているのは確かなことなのでしょう。

あの動画の配送員の行動は極めて稀なものだと信じていますが、私が接している配送員の方々も日々、大きな負担を抱えながら笑顔で配送をしてくださっていたのだということを改めて感じました。さて、配送員負担増大問題については恐らく色々と原因があって、改善の手立ても様々あるのだと思います。

それが、宅配ボックスです。手紙や封筒が郵便受けに届けられるように、宅配ボックスがあれば、宅配便のような大きい荷物を無人で受け取ることができます。築年数の比較的浅いマンションなどでは設置されているところも多いですね。最近では築の古いマンションでも管理組合で宅配ボックス設置の決議案がでることが多いようです。通常、宅配便の配送を行っても届け先が不在の場合には、不在票を入れて荷物を持ち帰り、家の人が帰り次第再配達を行う手順になりますが、宅配ボックスがあれば再配達が不要になります。

宅配ボックスが設置されていれば、不在時に宅配便が届けられても、宅配ボックス内に預けることができるので、居住者は、早朝でも深夜でも都合の良い時間に荷物を受け取ることができ、大変便利になります。だから時間を気にせず出かけることができますね。現在ではマンションに欠かせない設備であるといえましょう。今後の物件選びでは外せない条件のひとつになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です