階数・構造と賃貸運営の関連性

入居者のニーズ, 賃貸管理のコツ

階数の違いによる特徴
階数については高ければ高いほど人気がありますが、近年では家賃を重視する傾向も強いため、家賃に差がつけにくくなっております。2階以上であれば家賃の差は小さくなっていきます。また、角部屋は2面採光で日当たりが良く、隣室の生活音も半分で済むため人気があり、先に埋まる傾向があります。

構造の違いによる特徴

最近は建物の構造を重視する入居者も増えています。賃料が高めのマンションであればオートロック等のセキュリティー面や宅配BOX等の設備面で差別化ができ人気を得ることができます。
しかし、築古のマンションで設備が古くなってきている場合は、手頃な家賃のリノベーションされたアパートと比較されることが多くなります。構造上それぞれメリット・デメリットはありますが、メリットを活かすためマンションであれば設備のリニューアルを行う、アパートであれば積極的にリノベーションや間取りの変更を行うことが大切です。結果として適切な家賃で入居者に長く住んで貰えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です