閑散期の空室閑散期の空室対策対策

入居者のニーズ, 空室を減らすコツ, 賃貸管理のコツ

賃貸業界の繁忙期はカレンダーの通り、人が動くシーズンと同期しています。新社会人、新入生はもちろん、会社の異動と同じに不動産業者は忙しくなります。
3月から4月前半までの引っ越しのピークが過ぎ、ゴールデンウィークが過ぎた今の時期から途端にお客様の絶対数が減ってしまいます。
お部屋探しをしている人が少ない時期に突入し、現在空いているお部屋、これから退去する予定のお部屋は空室期間が長期化する恐れがある為、時期に合わせた空室対策が必要になってきます。

〇賃貸条件の見直し
繁忙期の退去であれば多少強気(相場より高い)の賃料でも成約する可能性はございます。しかし、残念ながら繁忙期に入居者がつかなかった場合、条件を見直す必要が出てきます。繁忙期に少し高い賃料設定をされているのであれば、思い切って値下げをご検討下さい。賃料を値下げせず空室が長期化するくらいなら、思い切って3,000円程度値下げして決めてしまった方が得策です。

〇広告料の設定
「広告料」とはお客様をご案内して申込みが入り契約に至った場合、オーナー様から仲介業者へ支払われるものです。仲介手数料とは別途で仲介業者の売上となります。広告料を1ヶ月に設定している物件であれば、仲介業者はお客様から頂く仲介手数料と広告料とで計2か月分が売上となります。単純に売上が2倍となりますので、広告料が設定されている物件が必然的に優先して紹介されます。仲介手数料を1ヶ月ではなく、0.5ヶ月、中には0ヶ月(お客様から仲介手数料をもらわない)でやられている仲介業者の営業マンにとって広告料は必須です。1ヶ月空室が続くことと、広告料を1ヶ月仲介業者へお支払いすることは実質同じです。今設定されている募集賃料が妥当もしくは安いにも関わらず、成約に至らないのであれば、広告料の設定を是非ご検討下さいませ。

〇設備投資
お客様が求める設備を設置することで反響増、成約率アップへと繋がります。立地、日当たりを変えることは出来ませんが、設備を追加することは可能です。インターネット無料、オートロック、浴室乾燥機、宅配ボックス、TVインターホン、温水洗浄便座等が人気です。浴室乾燥機は費用も高額ですが、TVインターホン、温水洗浄便座であれば、大がかりな工事ではない為、そこまで高額ではありません。日当たりがあまり良くない物件であれば、照明の設置もお勧めいたします。

いずれも費用が掛かる対策になりますが、これからの閑散期は空室を長期化させない為に思い切ったご判断も必要になります。弊社としても1日も早く成約に向け、お力添え出来ればと思っております。担当営業マンからも今回ご紹介いたしました空室対策のご提案をさせて頂きますので、是非ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です