家族信託とは・・・

不動産用語, 賃貸管理のコツ

家族信託とは、一言でいうと『財産管理の一手法』です。高齢者が相続対策で投資マンションを購入したりアパート一棟を建てた場合、数年後に体調を崩したり、入院したりして物件管理が出来なくなるケースが多くなっております。
そこで家族信託することにより、子供や家族に賃貸経営や金融機関への返済管理を託すことができます。

メリットを紹介します。
① 法定相続にとらわれない資産承継が出来ます。
例)生前に2次相続以降も自身で設定することが出来ます。
② 将来の共有相続への紛争防止することができます。
例)共同相続人としての権利・財産価値を平等にし、処分権限を共有者の一人に集約させることで、不動産の塩漬けを防ぐことができます。

まだ事例は少ないですが、家族信託のセミナーが多数開催されております。これまで国庫に帰属していた不動産や資産が信託により改善されるということで人気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です