外国人に人気の賃貸物件とは?

入居者のニーズ, 空室を減らすコツ

2020年に開催予定の東京オリンピックに向けて、政府は訪日外国人を4,000万人にすることを目標に掲げています。その影響を受け、外国人向けの施設が増加傾向にあり、対応できる外国人労働者も増えつつあります。
今後ますます日本に定住する外国人が増えると思われますが、現在は外国人が住みたい・住みやすいと思える物件が非常に少ないというのが実情です。そこで今回は、「外国人に人気の賃貸物件」の特徴を3つあげさせていただきます。

特徴① 敷金・礼金が不要な物件
初期費用を抑えたいと考える入居者は国籍に関わらず多いですが、自国にそのような制度のない人にとっては特に「敷金」や「礼金」を支払うことに抵抗があるようです。「敷金」にあたる保証金を支払う国は比較的多い一方で、「礼金」まで支払うという国は稀です。
入居する際の大きな足かせとなっているこのような費用がない部屋は、外国人の方にも理解しやすく需要が高いようです。

特徴② 家電付きの部屋
日本に来たばかりで新しく家電を用意することに不安を抱える人は多く、大きな出費にもなります。
また、備え付けの家電は、故障した際に自分で修理を手配しなくてよいため、エアコンや冷蔵庫などがついた物件は外国人入居者に人気となっています。

特徴③ インターネット環境を備えた物件
日本に来てインターネットを利用したいが、どうやって手続きをしたら良いのか悩む外国人の方は少なくありません。現代では暮らしに必須となっているインターネット環境がついた物件は、日本語に不安を抱える外国人留学生に特に人気です。

今回、外国人入居者が住みたいと思う物件の特徴を3つあげさせていただきましたが、実際のところオーナー様の立場からすれば、「言葉が通じないのではないか?」「家賃を滞納された場合は?」「騒音問題は大丈夫?」など、不安も多いのではないでしょうか。
当社にはバイリンガルのスタッフが数多く在籍しており、日々外国人入居者様やオーナー様に対応させていただいておりますので、安心して管理をお任せいただけます。
もし空室物件をお持ちの場合は、外国人入居者を意識した賃貸経営を検討してみてはいかがでしょうか。
参照:https://www.excite.co.jp/News/economy_g/20160904/zuuonline_117487.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です