ご所有の戸建て物件を賃貸にしませんか?

マーケット情報

今賃貸市場では戸建て賃貸が注目されています。

理由その①
供給の少なさ

大手ポータルサイトにて戸建賃貸の供給を調査したところ、賃貸物件全体に対する供給戸数はわずか0.1%ということがわかりました。

調査エリアの賃貸物件は、約4万2000戸。
このうち、戸建の賃貸物件はなんと47戸しかなかったのです。
アパート・マンションの供給はすでに飽和状態で、空室が目立ってきている状況です。

理由その②
賃貸で持ち家感覚

賃貸マンションへの不満として、多くの人がつぎのような不満や要望をもっていることがわかりました。


• 子供が走りまわると苦情がくるのでストレスがたまる
• 映画や音楽などを大音量で楽しみたい
• ペットを飼ったりしたい
• 敷地内に車をおきたい
• ちょっとした家庭菜園やガーデニングなどを楽しみたい
• 趣味の部屋や書斎をもちたい
• 賃貸でも持ち家感覚で住んでみたい


理由その➂
立地に左右されない強み

戸建賃貸は、駅から遠くても成り立ちます。
一般的に、アパート・マンションは立地に左右されるといわれますが、戸建賃貸なら、立地が悪くても事業が成り立つ可能性は高いのです。
弊社の調査の結果でも、戸建賃貸に興味がある世帯では
「現在の家から駅まで、さらに5分-10分遠くなっても、戸建賃貸に住みたい!」
と答えた世帯が多かったのです。

理由その④
入居期間が長い

戸建賃貸は、入居期間が長いという特徴があります。
たとえばワンルームアパートの平均入居期間は2年以下がほとんどです。
頻繁に退去があれば、空室損は増えますし、リフォーム代や募集経費もかかりますので年中退去の心配はつきません。
一般的に賃貸暮らしでは子供の成長にあわせて、引っ越すことが多いですが、戸建賃貸は、間取が充実しているので、子供部屋のためにわざわざ引っ越す必要がありません。
また、戸建賃貸に入居する世帯は、3-4人の世帯が多く、子供の学校の関係などで、長く居住する可能性がとても高いのです。
実際に弊社で募集した戸建賃貸の平均入居期間は、アパート・マンションに比べ、2倍以上も長く住んでいただいています。

理由その⑤
家賃が高く取れる

大手ポータルサイト調べ

戸建賃貸は、同規模の賃貸マンションより1割以上高く家賃を取れる傾向にあります(新築、築浅物件が顕著ですが築年数が古くても内装の状況が良ければ上記に該当します)。
弊社の調査結果でも、戸建賃貸に住みたいという方は、今の家賃から5000円~3万円程度高くなってもいい、という結果がでています。

以上5つの理由からご所有の戸建て物件を賃貸に出すことをお薦め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です