マルチファンクションライトを取り入れた成功事例

賃貸管理のコツ

不動産経営のこんなお悩みありませんか?

・入退去の度、賃料が下がってきている
・入居者募集の度に、空室が長引いてしまう
・物件に付加価値をつけたいが、費用を多くかけられない
・入居者が更新前に退去してしまう
・有効な設備投資を探しているが、何をすれば良いか分からない

こんな悩みをお持ちの方には、SONY IOT照明
「マルチファンクションライト」
の導入を検討ください!!

マルチファンクションライトとは??
スマホとWi-Fiに繋ぐと色々な機能が使えるリモコン付きのLED照明になっています。

【主な機能の一例】
・スマホで照明とエアコンの操作
・スマホの音楽を照明内蔵スピーカーで再生 ※要SDカード(別売り)
・見守りモード(簡易な警備モード)
・湿温度、照度センサーにより、お部屋の状況をモニタリング

他にも、外出先から照明を通じて音声で呼びかけや、伝言したり、
タイマー機能を使って、起床時間や就寝時間にあわせて
徐々に点灯、消灯したり・・・などのたくさんの機能が使えます。

そんなマルチファンクションライトの成功事例をご紹介します。


・京王線「明大前」駅から徒歩7分のSRC造のマンション
設置前
家賃   59,000円
管理費  7,500円
募集期間 1ヵ月



設置後  2,000円UP!!!
賃   61,000円
管理費  7,500円
ご成約済み!!!


上記のように募集期間が1ヵ月あり、なかなか申込が入らなかった物件も
設置後には申込が入り、家賃も2,000円UPする事ができました。

賃貸物件にこのマルチファンクションライトを導入する事により、
物件の付加価値や差別化ができ、結果、
オーナー様にとって有益な効果が見込めると思われます。

↓↓例えば、単身の女性ならこんな使い方があります↓↓
  ②
  ④

ぜひ、マルチファンクションライトを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です