引っ越し難民問題について

進学や就職、転勤に伴う引っ越しがピークを迎える中、 希望する日程や料金で転居ができない「引っ越し難民」問題が深刻化しています。 業界の慢性的な人手不足に加え、※1ヤマトホールディングスの引っ越し料金の過大 請求問題を理由に大手業者が受注を停止しています。 そのため、ほかの業者に予約が集中していき、価格は前年より高騰となり、 新生活を始める人にとっては受難の春となっています。 (上毛新聞2019/2/3/引用)引っ越し混雑予想カレンダー) ※1ヤマトホールディングス(HD)の子会社で引っ越し事業を行う ヤマトホームコンビニエンス(東京)が料金を過大請求していた問題で 国土交通省は23日、子会社に… 続きを読む

マルチファンクションライトを活用した高齢者見守りサービスを提供開始

~離れて暮らす家族やマンション管理会社に異常を通知~ ランドネットは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社と連携し、マルチファンクションライトを活用した高齢者見守りサービスを2019年6月下旬より提供します。 マルチファンクションライトとは、人感・温度・湿度・照度のセンサー、マイク、スピーカーなどを内蔵した照明器具です。 この高齢者見守りサービスでは、マルチファンクションライトに搭載された人感センサーや照明を含む家電操作の履歴をもとに、一定時間記録がない場合に異常通知を行います。当社の管理する賃貸物件に単身で居住する高齢者が主な対象で、3月8日よりサービスの申込を受け付けております。… 続きを読む