マルチファンクションライトを活用した高齢者見守りサービスを提供開始

賃貸管理のコツ

~離れて暮らす家族やマンション管理会社に異常を通知~

ランドネットは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社と連携し、マルチファンクションライトを活用した高齢者見守りサービスを2019年6月下旬より提供します。

マルチファンクションライトとは、人感・温度・湿度・照度のセンサー、マイク、スピーカーなどを内蔵した照明器具です。

この高齢者見守りサービスでは、マルチファンクションライトに搭載された人感センサーや照明を含む家電操作の履歴をもとに、一定時間記録がない場合に異常通知を行います。当社の管理する賃貸物件に単身で居住する高齢者が主な対象で、3月8日よりサービスの申込を受け付けております。



―異常を察知した場合の流れ―

①マルチファンクションライトのマイク・スピーカー機能を用いて、音声による呼びかけと録音で状況確認をします。

② 音声反応が確認出来ない場合、入居者本人に向けて録音機能を添付した安否確認メールを送付します。

メール開封による安否確認

※入居者本人のメール受信ができない場合には、離れて暮らす家族や
マンション管理会社に直接メール通報を行います。

④離れて暮らす家族や管理会社に第2、第3通報を行うことで、通報を受けた家族や弊社スタッフに駆け付けなどの連携を促します。

 


少子高齢化が年々進む昨今、マルチファンクションライトを活用することにより単身で暮らす高齢者のプライバシーを守りながら、万が一に備えることができ、高齢者本人や離れて暮らす家族にも安心を提供し、住まいの確保を支援することにも繋がります。

ランドネットでは時代のニーズに適応した賃貸物件をAI やIoT など最新のテクノロジーを駆使することで、当社のミッションである“貸主様・借主様にとって快適な『100 年Life』をプロデュースすること”を実現してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です