「フラット35」投資用に不正利用か

1.フラット35 フラット35は1%ほどの固定金利で、最長35年間借りられる長期固定金利型住宅ローンです。 住宅金融支援機構が金融機関と提供しており、1件あたり平均3千万円ほどが年9万件弱貸し出されております。(2017年度)。 原則として本人居住用の住宅に対し融資を行うものであり、投資用賃貸住宅の建築に用いることは契約違反となります。先日、このフラット35が賃貸住宅の建築資金に流用されていたのではないかとの報道がありニュースとなりました。 2.管理の甘さ 昨年、シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐってスルガ銀行が不正融資を行っていたことが明らかになって以来、金融庁が調査に乗り出し各金融機関の… 続きを読む