今注目の資格!賃貸不動産経営管理士

賃貸管理のコツ

今注目の資格!賃貸不動産経営管理士

この賃貸不動産経営管理士という資格をご存知でしょうか? 主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観と幅広く知識を習得し、賃貸不動産の専門家として認められた資格で、貸主と借主の中立の立場で業務を行うものとされています。

賃貸不動産経営管理士の業務って?

賃貸不動産経営管理士の主な業務としては、以下の4点です。

  • 賃貸不動産の貸主と管理業務を受託する契約手続き 
  • 空室物件の入居者募集~賃貸借契約締結 
  • 賃貸借契約期間中の物件管理・入居者対応・家賃集金業務等 
  • 賃貸借契約期間終了後の原状回復工事や借主との解約手続き 

平成19年に制度が始まりましたが、管理の更なる適正化・普及を図るために、平成28年には国土交通省の賃貸住宅管理業社登録制度が一部改正されました。具体的には、登録業者は、事務所ごとに賃貸不動産経営管理士を一定数配置すること、毎年国土交通大臣に賃貸不動産経営管理士の設置数を報告することが定められました。

賃貸不動産経営管理士の新たな役割とは・・?

賃貸不動産の貸主と管理委託契約を締結する際には、貸主に対する重要事項説明等を賃貸不動産経営管理士に行わせることが義務付けられました。さらにその契約がサブリース契約の場合には、借り上げ家賃及び将来の借賃の変動に関する事項を説明するようになり、その旨を書面に記載することと定められました。このことからも分かるように賃貸不動産における賃貸不動産経営管理士の役割が大きくなってきています。

賃貸不動産経営管理士の求められる役割が高まった背景には、現在の賃貸住宅管理業の課題があります。

  • 貸主の高齢化や空き家増加等を背景に、貸主の自主管理が難しく、専門家による管理の需要の高まり 
  • 賃貸住宅管理業者と貸主・借主間のトラブル多発 
  • シェアハウス投資やサブリース業者とのトラブル発生

貸主・借主双方の利益の保護を第一とし、トラブルの解決・発生を未然に防止することで、安心安全な住環境を提供することが賃貸不動産経営管理士には求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です