一人で見に行ける!?セルフ内見とは?

空室物件の内見方法といえば、仲介業者と一緒に物件に向かい、一緒に室内を見て紹介してもらうのが一般的ですが、最近では現地に行って見学する時間がないお客様が、遠方からお部屋や共用部、周辺環境を確認することが出来る「オンライン内見」や「VR内見」等の方法を使う業者が増えつつあります。もう1つ注目されている内見方法が「セルフ内見です」 ☆セルフ内見とは☆ 実際に直接物件まで見学することに変わりないのですが、営業スタッフが同行せず、自由に見学することができます。物件の隅々まで落ち着いて見ることができるので、利点の多い内見方法です。また、内見の申し込みも簡単で、インターネットで予約するだけで内見することが… 続きを読む

今流行りのVR内見とは?!

◇VRとは・・・? ヴァーチャルリアリティ(=仮想現実)のことです。 日本では2016年ごろから、仮想現実を体験するVRコンテンツが次々に登場し、現在では医療や教育、広告、旅行・観光、自動車など様々な分野で活用されています。 不動産業界でもその波を受けてVR内見を積極的に取り入れる会社が増えてきました。 ◇「内見したいけど時間がない」そんな人のために開発されたのがVR内見 まず、360°が撮影できるカメラで物件を撮影します。 それをWebサイトにアップし、お客さまはスマートフォンやVRゴーグルなどで疑似内見します。不動産屋店舗からはもちろん、自宅からも物件を内見できるのがポイントです。臨場感の… 続きを読む

最先端技術と不動産

近年、AIやIoT等のワードをメディアでよく目にする機会が増えてきています。 賃貸不動産業界の中でもAIやIoTを賃貸管理に取り組む流れが加速してきています。 弊社でも、空室対策や管理物件の価値を上げる取り組みとして、スマートフォンで 照明やエアコン・TVを操作できるシーリングライト(IoT照明)を販売しています。 そこで、最先端技術を活用した事例として、「スマートシティ」と「VR(ヴァーチャルリアリティ)内見」についてご紹介させていただきます。   ◆スマートシティとは? IoTの最先端技術を用いて、環境に配慮しながら人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しい 都市の… 続きを読む

「こだわり条件検索」TOP3を参考にした空室対策

ご入居者様がお部屋を探す際、インターネットを通してポータルサイトで探す方がほとんどですがポータルサイトでは入居者様のご要望にあう物件が探せるように検索条件が細かく指定できるようになっています。 今回、不動産情報総合サイト「ニフティ不動産」から2018年8月の間に検索機能で検索された「こだわり条件」のランキングが発表されましたので、そのうちのTOP3をご紹介します。   第1位 「2人入居可」 ワンルームや1Kは、通常は一人で住むためのお部屋ですが、 入居者様はワンルームで構わないので、恋人同士や友人同士、兄弟等、 2人入居を希望される方がいらっしゃいます。 物件の状態やオーナー様の意… 続きを読む

コストパフォーマンスの良いホームステージングとは

空室対策として、「ホームステージング」という手法が注目され始めてきています。 ホームステージングとは、空室物件に家具や小物を配置し、実際の居住空間を演出することです。 新築販売用の物件では、モデルルーム等で活用されておりましたが、賃貸物件でも取り入れる不動産会社が増えてきました。 弊社も空室対策として、ホームステージングを採用しております。 ☆魅力を最大限に演出し、内見数を増やし、内見時に好印象を与える どんなに広い室内や便利な間取りの物件でも、内見時に何もない部屋を見て、 「部屋が暗い」、「寂しい感じがする」などの印象を持たれてしまうことがあります。 築年数が経過している物件や、あまり広くな… 続きを読む

「インスタ映え」という言葉をご存知でしょうか。

インスタ映えとは、写真共有サービスであるSNSのInstagram(インスタグラム)に 写真をアップロードして公開した際に、ひときわ映える・見栄えが良いといった意味で用いられる表現のことです。 インスタグラム、略してインスタは写真や動画を中心としたSNSアプリで、全世界の若い世代を中心に幅広い世代の利用者を増やしています。実はインスタグラムは不動産情報発信ツールにも使用されています。 今では飲食店を探す時、お店のメニューがSNS映えするかどうかでお店選びをする若者が増えています。その検索の仕方がハッシュタグによる検索です。 ハッシュタグとは・・・ Twitterを中心としたSNSで、投稿内のタ… 続きを読む

IoTを活用した空室対策例のご紹介~大阪~

現在、弊社では空室対策や家賃UPの取り組みの一つとして、空室物件にSONY製のIoT照明を設置しています。 IoT照明を設置したことにより、長期間空室だった物件が成約になったり、家賃が上がって成約になったケースもあります。 今回は、その中でも実際に入居を検討されている方に、現地でご紹介し、成約の決め手となったケースをご紹介いたします。   物件:大阪府大阪市淀川区 東海道本線 塚本駅 徒歩7分 8階建てRCマンション 総戸数:185戸 弊社が20戸程購入した物件なのですが、購入時には、そのうち約半分の9戸が空室の状態でした。 そこで、空室対策としてIoT照明を空室物件に設置する事に。… 続きを読む

デジタルクロスのご案内

今回、ご案内するのは設備保証・IOT照明に続きまして 弊社に管理をお任せ頂いているオーナー様特権の商品になります。 デジタルクロスとは・・・ ただの壁紙ではなく、室内・建物内の内装の表現を 変える事による「その空間の演出」が基本となる壁紙になります。 デジタルクロスには様々なデザインや、利用用途があります。 オーダーメイドの壁紙デザインOK!! 1面から依頼可能です! お部屋の1面をデジタルクロスに変えるだけでも、他の物件との差別化ができます。 当社のモデルルームもデジタルクロスに変えました!! 御来社の際はぜひ一度ご覧ください。 ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

入居者に人気の設備ランキング2017(全国賃貸住宅新聞)

この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる♪ TOP3                    ※2017.10.16全国賃貸住宅新聞 第1292号より 3位の宅配ボックスに需要はあるのか?? 近年では、駅や公共施設にまで設置されるようになった個人向け宅配ボックス。 ニュースなどで再配達を余儀なくされる宅配業者の苦悩について取り上げられているのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。 少子高齢化は進み、単身者世帯や核家族世帯は増加するばかりですが、そんな変化と同時に、インターネットを始めとする各インフラのIT化が進んだことで「外に出なくとも」と、用事を家で済ませられる事も多く… 続きを読む

外国人に人気の賃貸物件とは?

2020年に開催予定の東京オリンピックに向けて、政府は訪日外国人を4,000万人にすることを目標に掲げています。その影響を受け、外国人向けの施設が増加傾向にあり、対応できる外国人労働者も増えつつあります。 今後ますます日本に定住する外国人が増えると思われますが、現在は外国人が住みたい・住みやすいと思える物件が非常に少ないというのが実情です。そこで今回は、「外国人に人気の賃貸物件」の特徴を3つあげさせていただきます。 特徴① 敷金・礼金が不要な物件 初期費用を抑えたいと考える入居者は国籍に関わらず多いですが、自国にそのような制度のない人にとっては特に「敷金」や「礼金」を支払うことに抵抗があるよう… 続きを読む

自由にカスタマイズ!広まるDIY賃貸の魅力

そもそもDIYって何? DIY(ディーアイワイ)とは”Do it yourself”の頭文字をとったもので「自分の手でやろう」という意味です。住まいの修繕や模様替え、収納家具や暮らしに必要な身近なものを、自分でつくって楽しむことを指した言葉です。 40年ほど前に提唱され、その後、DIYのために材料や道具を販売するホームセンターも続々と誕生し、大きなブームになりました。当初は「お父さんの趣味」の一つといった傾向がありましたが、今では暮らしやインテリアを思いのままに楽しむ一つの手法として、女性も手軽にDIYを楽しんでいます。 DIY賃貸の特徴 ○貸主は原則として入居前や入居… 続きを読む

閑散期の空室閑散期の空室対策対策

賃貸業界の繁忙期はカレンダーの通り、人が動くシーズンと同期しています。新社会人、新入生はもちろん、会社の異動と同じに不動産業者は忙しくなります。 3月から4月前半までの引っ越しのピークが過ぎ、ゴールデンウィークが過ぎた今の時期から途端にお客様の絶対数が減ってしまいます。 お部屋探しをしている人が少ない時期に突入し、現在空いているお部屋、これから退去する予定のお部屋は空室期間が長期化する恐れがある為、時期に合わせた空室対策が必要になってきます。 〇賃貸条件の見直し 繁忙期の退去であれば多少強気(相場より高い)の賃料でも成約する可能性はございます。しかし、残念ながら繁忙期に入居者がつかなかった場合… 続きを読む

階数・構造と賃貸運営の関連性

階数の違いによる特徴 階数については高ければ高いほど人気がありますが、近年では家賃を重視する傾向も強いため、家賃に差がつけにくくなっております。2階以上であれば家賃の差は小さくなっていきます。また、角部屋は2面採光で日当たりが良く、隣室の生活音も半分で済むため人気があり、先に埋まる傾向があります。 構造の違いによる特徴 最近は建物の構造を重視する入居者も増えています。賃料が高めのマンションであればオートロック等のセキュリティー面や宅配BOX等の設備面で差別化ができ人気を得ることができます。 しかし、築古のマンションで設備が古くなってきている場合は、手頃な家賃のリノベーションされたアパートと比較… 続きを読む

宅配ボックスが必須!?

最近話題になっている、配送業者の動画をテレビのニュースで見ました。 いくらイライラが溜まっていたとは言え、業務として賃金を受け取って行って配送を行っているのだから、他人の荷物にその矛先を向けるのはどうかと思いますが、実際に現場で配送をしている方々の負担が大きくなってしまっているのは確かなことなのでしょう。 あの動画の配送員の行動は極めて稀なものだと信じていますが、私が接している配送員の方々も日々、大きな負担を抱えながら笑顔で配送をしてくださっていたのだということを改めて感じました。さて、配送員負担増大問題については恐らく色々と原因があって、改善の手立ても様々あるのだと思います。 それが、宅配ボ… 続きを読む

不動産におけるIoT

よく耳にする「IoT」。 これは「Internet of things(モノのインターネット)」、すなわちパソコンやスマホだけでなく、あらゆるものがインターネットにつながっていることを指します。 最近ではスマホで鍵を開錠できるサービスが増えてきました。不動産におけるIoTの代表的事例である「スマートロック」についてご紹介します。 スマートロックとは・・・ スマートロックとは、物理キーを使わず、スマホでロックの開閉を行う仕組みのことです。取付けはドアの内側に、スマートロック本体を被せる形で取り付けますが、簡単に行えます。両面テープで貼り付けるタイプが多く、特殊な工具は不要です。 鍵の開け閉めが楽… 続きを読む