超高齢・人口減少社会 シニア世代の賃貸住宅の問題はIoTが解決?

現在の日本は超高齢・人口減少社会に突入しています。 2016年総務省が発表した「27年国税調査」によると全人口の26.7%が65歳以上の男女であり、国民の4人に1人がシニア世代であるという結果が出ました。 人口減少・高齢化のピッチは今後ますます速まると見込まれています。シニア世代の割合が増えるにつれ高齢者の1人暮らしの割合もさらに増えていくものと考えられます。 そこで今後増加が見込まれるシニア世代の単身入居と、その需要に対応するための「IoT(モノのインターネット)」今後の活用についてご紹介致します。 ◆火災報知器システム 室内の一酸化炭素・煙・熱などをセンサーで察知しスマートフォンへ通知して… 続きを読む

宅配ボックスが必須!?

最近話題になっている、配送業者の動画をテレビのニュースで見ました。 いくらイライラが溜まっていたとは言え、業務として賃金を受け取って行って配送を行っているのだから、他人の荷物にその矛先を向けるのはどうかと思いますが、実際に現場で配送をしている方々の負担が大きくなってしまっているのは確かなことなのでしょう。 あの動画の配送員の行動は極めて稀なものだと信じていますが、私が接している配送員の方々も日々、大きな負担を抱えながら笑顔で配送をしてくださっていたのだということを改めて感じました。さて、配送員負担増大問題については恐らく色々と原因があって、改善の手立ても様々あるのだと思います。 それが、宅配ボ… 続きを読む

不動産におけるIoT

よく耳にする「IoT」。 これは「Internet of things(モノのインターネット)」、すなわちパソコンやスマホだけでなく、あらゆるものがインターネットにつながっていることを指します。 最近ではスマホで鍵を開錠できるサービスが増えてきました。不動産におけるIoTの代表的事例である「スマートロック」についてご紹介します。 スマートロックとは・・・ スマートロックとは、物理キーを使わず、スマホでロックの開閉を行う仕組みのことです。取付けはドアの内側に、スマートロック本体を被せる形で取り付けますが、簡単に行えます。両面テープで貼り付けるタイプが多く、特殊な工具は不要です。 鍵の開け閉めが楽… 続きを読む

究極の空室対策

当たり前の話ですが退去する入居者様がゼロであれば空室対策は不要です。究極の空室対策は、現在の入居者様の退去・解約を極力減らし・防ぐことです。 最近の市場では空室率が悪化しており、完全に借り手市場になっております。一度入居者様が退去してしまうと、賃料の見直し(値下げすることが殆どです)、再募集時の広告料(AD)、原状回復費用、空室損などオーナー様の出費が嵩んでしまいます。また昔と違い礼金が取れない時代であることから、入居者様の入替えはあまりメリットがございません。 そこで今回は退去防止策をいくつかご提案致します。 ・クリーニング 更新して頂ける入居者様へオーナー様の費用でキッチン、水周り等のクリ… 続きを読む

エアコンの消費電力量

「最近、エアコンの効きが悪い…」 「節電しているのに、電気の使用量があまり減らない…」 実は、エアコンの消費電力量は毎年4~5%の割合で増加しています。 購入後1年未満から消費電力は増加し、5年後には新品購入時のおよそ20~30%増、さらに10年以上すると50%以上、つまり1.5倍の増加となることもあります。12年を超えるとその増加率はさらに急激に上昇します。 エアコンは、設定温度に達するまで高速運転を行い、設定温度になると温度を維持するための低速運転に入ります。 新品のエアコンは性能が高いため、高速運転時間は短くてすみます。性能の低下した「古いエアコン」の場合、高速運転をしてもなかなか設定温… 続きを読む

9・10月の賃貸入居者事情

1月~3月(※以後第1の繁忙期と呼ぶ)では、最も多く動きがあり、 特に単身者の引っ越しが多く目立ちます。 今の時期(9月~10月※以後第2の繁忙期と呼ぶ)、賃貸事情では第2の繁忙期と言われていて、特に企業の異動時期とあって法人契約が多く目立ちます。 6月~8月と入居者の動きのない物件が一斉に9月~10月の引っ越しされる方を取り合うこととなります。下記にて、第1の繁忙期と第2の繁忙期の違いをご説明させて頂き、今後の募集へ役立てて頂ければ幸いです。   第1の繁忙期ですが、広告宣伝費・フリーレントといった客付け会社・入居者への特典をせずに入居者が決まるケースが多くございます。また、賃料の… 続きを読む

募集前の空室物件! ルームクリーニングのご案内

ルームクリーニング

募集前の空室物件! ルームクリーニングのご案内 ルームクリーニングとは代行サービスの一種(有料)で、 主に物件のお部屋を掃除するサービスです。 会社など法人に対するクリーニングサービスは古くからありましたが、 個人向けのルームクリーニングのサービスは、引っ越し業者さんなどが、サービスの一部として、引っ越し前後の部屋のクリーニングを行っていたケースが多かったそうです。   現在では様々な業者が個人向けのルームクリーニングのサービスを展開しております。 今回は弊社でご案内させて頂いております、入居者募集前のルームクリーニング内容・行程について記載させて頂きます。ルームクリーニングと言って… 続きを読む

求められるマンションとは

求められるマンションとは ・賃貸アパート、マンションの探し方の変化 一昔前、賃貸のアパート、マンションを探す手段は不動産屋の店頭に 貼られている物件情報か賃貸情報雑誌のどちらかでした。現在ではインターネットの普及により、賃貸マンションはネットで探すことが主流となっています。 日本のインターネット人口は約8,529万人で人口普及率は66.8%と2人に1人以上はインターネットを利用できる環境を持っています。 最近では携帯電話の進歩によりパソコンを使わずにいつでも、どこでもネットを利用できるようになりました。 インターネット経由でアパート、マンションを捜す場合、好みの間取り、希望の賃料、欲しい設備な… 続きを読む

単身男子・単身女子~入居者アンケート調査~

マンション入居者アンケート調査を実施 ~単身男性は「デジタル環境」、意外に高い単身女性の「ペット可」ニーズ~ 単身者が重視する設備・仕様を男女分けて比較してみました! 単身男性は「デジタル環境」に関心、単身女性は「防犯設備」、「サニタリー」を重視 「家賃がアップしても欲しい」+「あって当然」とする設備・仕様で、単身男性の特徴的なニーズは「光ファイバーなどのデジタル環境」が高いスコアとなっていることです。家賃がアップしても70%が欲しいとしています。対照的に単身女性はわずか32%しかありません。単身女性のニーズが高いのは「ディンプルキー」70%(単身男性60%)、「防犯合わせガラス」77%(同4… 続きを読む

今話題?シェアハウス「コンセプト型賃貸」

シェアハウスへの累計入居問い合わせ数

 近年、急速に脚光を浴びるようになった賃貸住宅が「シェアハウス」です。 皆さん一度は耳にしたことがあると思いますが、その人気ぶりは、年々勢いを増しているようです(グラフ参照)。 リビングやキッチンなどの共用スペースを充実させて、入居者同士の「交流」を重視するシェアハウスは、そのこと自体が一つのコンセプトになっています。   『コンセプト型で住まいが暮らしを楽しむ場に』 ガレージ・イン、ミュージシャン向け、ワインセラー付きなど、シェアハウスでも最近は何らかの〝コンセプト〟があるものが人気のようです。特に東京などの大都市は、その傾向が強いようです。ただ、コンセプト型賃貸といって… 続きを読む

家賃が上がっても欲しい設備とは?

家賃が上がっても欲しいサービス・設備

部屋選びで決め手となる設備、あれば便利だと思っている設備やサービスは何か? 言い換えれば、それは家賃が高くなっても欲しい設備でもあります。 リクルート住まいカンパニーと21C.研究会の共同によるアンケート結果をご紹介致します。 そこには、昨今の入居者のライフスタイルを反映した設備やサービスへのニーズが浮き彫りとなっています。   不在時でも安心・便利な設備に注目度アップ ~家賃が上がっても欲しいサービス・設備とは?~ 多少家賃が上がっても欲しいサービス・設備は?」の質問で、最も多かったのが“24時間ゴミ出し可能”でした。賃貸住宅の入居者トラブルでもゴミ問題は多く見られます。つまり、決… 続きを読む

オーナー様、こんな悩みはございませんか?

退去後、タバコのヤニでクロスが黄ばんで臭いがしみついてしまっている。 退去後物件の原状回復コストを抑えたい。 スイッチ付近の手で触りやすい部分が、手あかや黒ずみで汚れが目立っている。 入居者が変わるたびに張替えをしていて費用がかかりすぎている。 予算上、部分的に張替えをしたら他の部分の汚れが目立ち、気になってしょうがない。     もちろん、喫煙や入居者の故意・過失でのクロス汚れは請求可能です。 しかしながら、クロスの張り替えとなると高額なため、現実問題としてすんなりと負担を受け入れてくれる入居者はあまり多くはないです。 また、経年劣化での汚れやくすみによるクロスの張り替え… 続きを読む