閑散期の空室閑散期の空室対策対策

賃貸業界の繁忙期はカレンダーの通り、人が動くシーズンと同期しています。新社会人、新入生はもちろん、会社の異動と同じに不動産業者は忙しくなります。 3月から4月前半までの引っ越しのピークが過ぎ、ゴールデンウィークが過ぎた今の時期から途端にお客様の絶対数が減ってしまいます。 お部屋探しをしている人が少ない時期に突入し、現在空いているお部屋、これから退去する予定のお部屋は空室期間が長期化する恐れがある為、時期に合わせた空室対策が必要になってきます。 〇賃貸条件の見直し 繁忙期の退去であれば多少強気(相場より高い)の賃料でも成約する可能性はございます。しかし、残念ながら繁忙期に入居者がつかなかった場合… 続きを読む

9・10月の賃貸入居者事情

1月~3月(※以後第1の繁忙期と呼ぶ)では、最も多く動きがあり、 特に単身者の引っ越しが多く目立ちます。 今の時期(9月~10月※以後第2の繁忙期と呼ぶ)、賃貸事情では第2の繁忙期と言われていて、特に企業の異動時期とあって法人契約が多く目立ちます。 6月~8月と入居者の動きのない物件が一斉に9月~10月の引っ越しされる方を取り合うこととなります。下記にて、第1の繁忙期と第2の繁忙期の違いをご説明させて頂き、今後の募集へ役立てて頂ければ幸いです。   第1の繁忙期ですが、広告宣伝費・フリーレントといった客付け会社・入居者への特典をせずに入居者が決まるケースが多くございます。また、賃料の… 続きを読む

8月は引越しのオフシーズン?

不動産会社にとって一番の繁忙期は、新年度スタートに向けた準備期間である12月~3月。次いで、企業の人事異動や結婚式が増える9月以降も引越しが多くなり始めるという。 すなわちオフシーズンとは春から夏の終わりにかけての今の時期! では、この時期に引越しをする人は少ないのでしょうか? 【接客の話】 オフシーズンは落ち着いてご案内できるので、お客様のご要望にもお答えしやすいです。そのため、気に入って頂ける物件があれば成約するケースが高いのです。 【お金の話】~契約金~ オフシーズンでもリーマンショック以降は家賃相場が下がっているので、これ以上賃料が下がる可能性は低いと思われます。しかしながら、空室より… 続きを読む

物件の賃料相場を調べる方法

一般のお客様が物件を探す方法

1.物件情報を集める方法 賃貸物件の情報を集める方法として最も一般的なのは賃貸情報誌やインターネットを活用することが多いかと思います。しかし、もっとも有効的な調べ方は、購入した物件(購入予定の物件)の沿線・エリアが固まってきたら、実際にその街に出かけて、不動産会社の店頭などに掲載されている物件情報収集することと、直接不動産会社を訪問し、類似物件を探すことも現在の状態にもっとも近い情報となります。   2.賃貸情報誌・インターネットを活用 賃貸物件を効率よく探すには、賃貸情報誌やインターネットを活用するのが早道です。 そのポイントは次の通りです。   希望地域の傾向をつかむ … 続きを読む