募集時、写真を撮るポイント2

物件写真については、上手く撮れていないと、契約にも結び付かない可能性もあります。 重要な仕事を任せていただいているのだなと実感します。 <写真の撮り方> ポイント 1 平行・垂直に撮る!→バランスよく撮ると綺麗です。 2 室内写真はバルコニーに出て撮る!→少しでも部屋を広く見せるためです。 3 室内写真は4方向から撮る→どのような部屋かわかりやすいようにするためです。 ●ポイントを押さえていない写真 ●ポイントを押さえた写真 いかがでしょうか? 図面を見た人が目を引くような写真が撮れるようにし、 そのことによって、契約につながれば、と思います。 1日も早く空室をなくすために、今後も行動していき… 続きを読む

募集時、写真を撮るポイント1

募集時、写真を撮るポイント

コンパクトカメラが主目的としているのは記念写真。遠くても3m、一般には1.5~2mくらいの距離で撮ることを前提としています。そのため広角よりも望遠(遠くのものを大きく写す)機能にシフトした商品が多く、そうした用途には使いやすく作られています。しかし、広角レンズカメラは、ダイナミックに迫力のある写真を撮ることができます。より臨場感のある写真を撮ることができます。   <撮影時の注意点> 1 ブレの少ないシャープな写真を撮る。可能であれば壁に体を付 け、体にカメラを付けて安定した姿勢で撮ることを心がける。 2 建物・部屋が良く見える時間に撮る。のある時間がベストですし、東向き の部屋なら… 続きを読む