閑散期の空室閑散期の空室対策対策

賃貸業界の繁忙期はカレンダーの通り、人が動くシーズンと同期しています。新社会人、新入生はもちろん、会社の異動と同じに不動産業者は忙しくなります。 3月から4月前半までの引っ越しのピークが過ぎ、ゴールデンウィークが過ぎた今の時期から途端にお客様の絶対数が減ってしまいます。 お部屋探しをしている人が少ない時期に突入し、現在空いているお部屋、これから退去する予定のお部屋は空室期間が長期化する恐れがある為、時期に合わせた空室対策が必要になってきます。 〇賃貸条件の見直し 繁忙期の退去であれば多少強気(相場より高い)の賃料でも成約する可能性はございます。しかし、残念ながら繁忙期に入居者がつかなかった場合… 続きを読む

募集方法は「3つの目線」で考える

入居者様募集3つの目線

募集方法は「3つの目線」で考える   1 入居者様の目線 この目線を持たないと、なかなか成約には繋がりません。募集条件は魅力の感じる設定に、お部屋には人気の設備。その時代とニーズに合った付加価値を考える   2 オーナー様の目線 築年数が経てば、基本的には物件価格も下がっていきます。そこで物件価値を上げ、キャッシュフローの低下を防ぐ長期的な収益の計画が必要です   3 募集の目線 どんなに良い物件でも、決まらない理由として、これが原因となることが多くあります。例えば、仲介会社100社に募集依頼しているとします。その中の何名の営業マンが、オーナー様の物件を紹介してい… 続きを読む