ご所有の戸建て物件を賃貸にしませんか?

今賃貸市場では戸建て賃貸が注目されています。 理由その① 供給の少なさ 大手ポータルサイトにて戸建賃貸の供給を調査したところ、賃貸物件全体に対する供給戸数はわずか0.1%ということがわかりました。 調査エリアの賃貸物件は、約4万2000戸。 このうち、戸建の賃貸物件はなんと47戸しかなかったのです。 アパート・マンションの供給はすでに飽和状態で、空室が目立ってきている状況です。 理由その② 賃貸で持ち家感覚 賃貸マンションへの不満として、多くの人がつぎのような不満や要望をもっていることがわかりました。 • 子供が走りまわると苦情がくるのでストレスがたまる • 映画や音楽などを大音量で楽しみたい… 続きを読む

入居者が決める!! 住む家を選ぶ3つのポイント!

「結婚するから二人で暮らせる部屋を」「就職・進学に合わせて、通勤・通学の便利な場所に」「親元を離れて独立したいから」などの理由から、賃貸生活を始める人が多くいらっしゃいます。   そんな、賃貸物件に住むうえで、入居者はココだ!!と決めるポイントが3つございます。   まず1つ目は、「物件チェック」 収納:洋室ならクロゼット、和室なら押入れがあると間取り図に書いてあっても、その大きさや奥行きなどは現地で確認しないと分かりません。洋服が掛けられるハンガーパイプがあるのか、布団が入れられるサイズかなどを確認されます。 現地チェックの際に収納がないからといって、部屋を借りるのをやめ… 続きを読む

募集時、写真を撮るポイント1

募集時、写真を撮るポイント

コンパクトカメラが主目的としているのは記念写真。遠くても3m、一般には1.5~2mくらいの距離で撮ることを前提としています。そのため広角よりも望遠(遠くのものを大きく写す)機能にシフトした商品が多く、そうした用途には使いやすく作られています。しかし、広角レンズカメラは、ダイナミックに迫力のある写真を撮ることができます。より臨場感のある写真を撮ることができます。   <撮影時の注意点> 1 ブレの少ないシャープな写真を撮る。可能であれば壁に体を付 け、体にカメラを付けて安定した姿勢で撮ることを心がける。 2 建物・部屋が良く見える時間に撮る。のある時間がベストですし、東向き の部屋なら… 続きを読む