管理相談はこちら

Blog for Owners

オーナー様向けブログ

住みたい街ランキング2020について

2020年9月の全国賃貸住宅新聞にて「(首都圏)」

(出所:LIFULL)が掲載されました。傾向としては、新宿や渋谷等の上位常連のエリアが大きく

後退し、千葉や本厚木といった郊外寄りのエリアが順位を上げています。

コロナの影響だけではないとは思いますが、これまでとは違う人気の街の傾向について考察

したいと思います。

 

  1. 郊外寄りで利便性の高い街が人気の傾向

今回、躍進した「大宮」「千葉」「本厚木」は、都心部まで少し時間は掛かるものの乗り換えなしでアクセスができて、駅周辺の利便性が高く、都心部より賃料相場が安い、ということが人気の要因だと思われます。住みたい街ランキングでは最も有名な不動産情報サイトのランキングでも、2020年のランキング1位は「横浜」となっており、同じ傾向が見られます。

また、10ランク以上アップしてランクインしてきた「西川口」「川口」にも同様の傾向と、再開発により街のイメージが変わった事がさらに人気になったと思われます。

 

今後、コロナの影響が長引き、テレワークの普及等が進むにつれて、郊外寄りの利便性が高い街が人気という傾向は強くなると予想されます。

 

 

  1. コロナの影響はあるのか

新宿・渋谷・川崎といった、いつもは人気上位の駅が、繁華街をイメージさせるのか、順位を大きく下げています。そう考えると、池袋が上位に残っているのは意外です。埼玉からの玄関口というのもありますが、城南人気から城北、城東(方面)人気への影響もあるかも知れません。

一時期は、都心集中の傾向が強くなっていましたが、テレワークで出社日数が減ったり、コロナによる収入の不安から生活コスト減を検討したりと、コロナは少なからずランキングに影響していると思われます。

 

 

 

  1. 他の〇〇街ランキングについて

多くの媒体のランキングでは、吉祥寺・恵比寿といった憧れの街というイメージのエリアが人気となっており、主にアンケートによる「住みたい街」にランクインしています。

一方、前出の「借りて住みたい街ランキング」は「不動産ポータルサイトで検索された件数」を基に作られているランキングです。憧れというよりも、部屋探しをしている人が実際の家賃・広さ・場所等を考えて検索をしていますので、かなりリアルなランキングになっていると思います。

 

他には「住んで良かった街」ランキングというものもあり、色々なランキングがありますので見比べてみるのも面白いです。

代表的なものでは、SUUMOの「住みたい街ランキング」、LIFULLの「これまでに住んで良かった街ランキング」等があります。

 

  1. 人気の設備等にも影響はあるのか

コロナを機に、政府でも色々な手続きをオンライン化して、ペーパーレス・非対面・非接触の流れが加速されたように感じます。不動産においてもその流れは影響しています。

分譲マンションにテレワークができる共用スペースを設置したり、各住戸に防音性の強い部屋を作ったり、オートロックから入室まで全て非接触にしたりと、コロナ対策を意識した施設や設備が人気になっています。それは今後、賃貸においても借り手に人気になるものと思われます。

 

玄関にスマートロックを設置する、インターネット(Wifi)を無料にする、宅配ボックスを設置する等今までやったほうがいいと思われていたものが、当たり前なものになりつつあります。賃貸市況に関しては、今まで差別化を図れていた設備が標準的になってくることにより競争力の確保が難しくなってきそうです。今後は様々なオリジナルのサービスや非接触に対応した設備に注目が集まるかも知れません。

 

5.まとめ

住みたい街ランキングや、住んで良かった街ランキングは、借り手のニーズや世の中の情勢がかなり反映されます。

今後、コロナの状況・人口分布の高齢化・人口の減少・経済状況等、様々な変化でランキングにも

変動が起こります。意外な街が人気になる事もありますが、それには理由があるはずです。

単身向け物件・ファミリー向け物件によっても、その動向は違ってきます。ランキング上位に入る

ことで、人気の街になることもありますし、人気が上がれば人口も増えて賃貸需要も上がります。常にチェックをしておいて損はない指標だと思います。