管理相談はこちら

Blog for Owners

オーナー様向けブログ

マーケット情報ランドネットニュース不動産用語入居者のニーズ空室を減らすコツ賃貸管理のコツ

~オンライン内見、セルフ内見普及の兆し~

これまで原則対面で実施されてきた賃貸借契約の重要事項説明をテレビ会議システムによって実施する「IT重説」が2017年10月より解禁されました。これにより、賃貸物件を借りる際、直接、宅地建物取引士と会わずにPCやタブレットなどの端末があれば重要事項説明を受けることが出来るようになりました。

この「IT重説」の開始と現在のコロナ過をきっかけに、部屋を確認する「内見」も通信機器を使用し、リアルタイムで内見出来る「オンライン内見」や不動産会社(仲介会社)が同行しない「セルフ内見」が普及してきました。

今回は、このようなサービスのメリットや内見方法、注意点などをご紹介したいと思います。

【オンライン内見とは】

オンライン内見とは、パソコンやスマートフォンのビデオ通話を使って内見できるシステムのことです。

1.オンライン内見のメリットとデメリットは・・・             

オンライン内見のメリットは、現地に行かずに、パソコンやスマートフォンで物件を内見出来ることです。物件まで移動する時間が不要となり、「遠方への引越しで物件を見に行くことが出来ない」 「忙しくて内見の時間を取ることが出来ない」という方が気軽に内見を出来る様になりました。また契約手続きをオンラインで出来る不動産会社であれば、スタッフと対面せずに賃貸借契約を結ぶことが出来るので新型コロナウイルスの感染対策にも活用出来ます。現在はお部屋探しから契約まで完全非接触、非対面が実現できています。

 

デメリットは、通信機器の通信料が掛かることや通信状況によって画質が低下し、内見の満足度が下がってしまうことが懸念されますが、それ以上に実際に現場に足を運んでいない為、

「実際の部屋の雰囲気はどのような感じだろう」 「広さや間取りは画像だけで判断してもいいのだろうか」 「周辺環境も気になる」などの不安が消えず、契約の判断ができない場面が出てきてしまうことがあります。

また、不動産会社によっては有料になる場合がある為、注意が必要です。

2.オンライン内見をするためには・・・

オンライン内見を利用するために必要な物は、カメラとマイクが対応した通信機器(スマートフォンやパソコン、タブレットなど)と連絡用のメールアドレスがあれば問題ありません。

不動産会社によって多少の違いはありますが、簡単な流れは以下のようなイメージです。

1)オンライン内見可能物件を探す

2)内見の予約を行い、必要事項や希望日時を入力し問合せを行い、不動産会社と日時を調整する

3)オンライン内見の利用方法がメールなどで届くので、当日、予約した時間に、ビデオ通話にアクセスする

【セルフ内見とは】

物件をインターネット上で検索して予約取り、予約した日時になったら、ご自身で直接物件に向かい、自由に内見をするシステムです。

1.セルフ内見のメリットとデメリットは・・・   

通常の物件探しは、不動産会社で物件を紹介してもらい、その中で気に入った物件をスタッフに案内してもらい、建物の事や近隣の環境について説明を受けながら内見をします。その後、店舗に戻ってから申込みをするか話し合って・・・と、数時間~半日以上掛かる事がほとんどです。

セルフ内見の場合は、好きな時間に好きな物件を内見出来る為、時間がない人や反対にゆっくり時間を掛けて内見したい人など、それぞれ自分のペースに合わせて物件を内見できます。他には「不動産会社に営業をされたくない」 、コロナ感染対策上「あまり人と接触したくない」などの人にも最近は人気があります。

デメリットは、不動産会社が同行しない為、物件の図面やメジャー、スリッパなどの必需品を自身で用意する必要があることです。説明してくれるスタッフがいない分、自身で見るべきポイントを纏めた「チェックリスト」を用意しておくと良いでしょう。不動産会社の車で案内してもらうわけではないので、交通費も自己負担となります。

不動産会社側の注意点としては、鍵の設置場所や鍵を入れるキーボックスの暗証番号が、不特定多数に伝わる為、定期的に設置場所を変更したり、暗証番号を変更する必要があり、手間や管理が必要です。

2.セルフ内見をするためには・・・

セルフ内見をする為には、オンライン内見同様、ある程度の手続きが必要となります。

不動産会社によりますが、内見の流れは以下の通りです。

1)気になった物件をインターネットなどから予約を行う

2)予約出来たら、当日、予約した日時に直接物件に向かう

3)物件到着後、不動産会社に連絡をし、鍵の場所を教えてもらう

4)内見後は、戸締りと鍵を戻し、不動産会社に内見終了の連絡を入れる

但し、鍵を借りる際も不動産会社によっては、メールなどで行われることも多く、物件や不動産会社によって違いがありますので、しっかりと確認する必要があります。

3.まとめ

昨今、ガソリンスタンドの給油やスーパーのレジ、飲食店など様々な場所でセルフサービスが普及しています。今回ご紹介した「オンライン内見」 「セルフ内見」も、新型コロナウイルスの影響もあり、「非接触、非対面」をキーワードに急速に普及しているサービスです。

不動産会社の業務効率化や入居希望者の安全性の確保や時間短縮、利便性の面から、今後もさらに普及していくと予想されます。「新しいお部屋探し」のスタンダードになる可能性もあります。

賃貸物件の内見方法も時代と共に、少しずつ進化しています。時間や場所にとらわれないので、上手に活用しいきましょう。