管理相談はこちら

Blog for Owners

オーナー様向けブログ

空室を減らすコツ賃貸管理のコツ

募集時、写真を撮るポイント1

コンパクトカメラが主目的としているのは記念写真。遠くても3m、一般には1.5~2mくらいの距離で撮ることを前提としています。そのため広角よりも望遠(遠くのものを大きく写す)機能にシフトした商品が多く、そうした用途には使いやすく作られています。しかし、広角レンズカメラは、ダイナミックに迫力のある写真を撮ることができます。より臨場感のある写真を撮ることができます。

 

<撮影時の注意点>

1 ブレの少ないシャープな写真を撮る。可能であれば壁に体を付 け、体にカメラを付けて安定した姿勢で撮ることを心がける。

2 建物・部屋が良く見える時間に撮る。のある時間がベストですし、東向き の部屋なら午前中、西向きなら午後といったように陽光の 入り方も考慮。

3 色々な角度から撮影する。壁だけが写っている写真より、壁と窓、ドアが写っている写真のほうがどのくらい広いかが分かりやすくなる。

物件の撮影ポイント
<今後撮影し、掲載していく写真>

★物件周辺の写真や、商店街・街の様子を撮影する。
住むイメージができ、治安の想像ができるので部屋を探す際のポイントとなります。

ポイントは3つです。

・部分を撮る(無理に大きな範囲を取らない)
・望遠で取る(遠近感でにぎわって見える)
・対象に合わせて撮影する(スーパーや商店街などの特徴的部分をとる)

写真の撮り方で反響が左右されるといっても過言ではありません。現在徹底して広角レンズカメラで撮影するように指導しております。少しでも印象付ける写真を撮り成約につなげていきたいと思います。