管理相談はこちら

Blog for Owners

オーナー様向けブログ

賃貸管理のコツ

高齢者賃貸マンションとは

民間企業による有料老人ホーム以外にも、様々な運営主体によるシニア向けの住宅や施設が増加しており、予算やニーズに合わせた住宅を選ぶことができるようになりました。中でも、高齢者が暮らしやすいようにバリアフリー化され、緊急時対応や健康相談などのサービスが受けられる「高齢者向け賃貸住宅」や分譲型の「シルバーマンション」などが、新たな選択肢として注目を集めています。
 

また、最近では、様々なシニア向け住宅の中から、高齢者が自分の経済力やライフスタイルに合った住宅を選ぶことができるようになりました。シニア向け住宅選びのトレンドには、以下のようなものがあります。
 

★小規模な施設やグループリビングを選ぶ高齢者も

豪華な設備を備えた老人ホームは、建物の規模が大きく、入居者の数も多いのが一般的です。しかし、近年では、1人ひとりのニーズに合わせたきめ細やかなサービスを受けられる小規模な施設を選ぶ高齢者が増えています。また、最近では少人数の高齢者が集まって共同生活をするシステムの「グループリビング」も注目されています。
 

★「施設」より「住宅」が好まれる傾向に

誰しも、健康で体が動くうちは、自立した生活を送りたいと考えています。そのため、比較的健康な高齢者は、あらかじめ決められたサービスを受ける施設に住むよりも、健康面・安全面などのケアが確保された住宅で、必要なサービスを自分で選びながら住むのを好む傾向にあります。また、有料老人ホームにおいても、住宅に近いプライバシーを保つことができるタイプの施設に人気が集まっているようです。
 

★「シルバーマンション」が人気

「シルバー住宅(マンション)」とは、一般的に、マンションなどの住宅に高齢者向けの生活支援サービスを加えたもののことを言いますが、特に明確な定義はありません。老人福祉法が定める有料老人ホームに当たらない分譲型の老人ホームや、バリアフリー対応の住宅に提携業者による生活支援サービスや介護サービスを組み合わせたものを「シルバー住宅(マンション)」と呼ぶこともあります。最近では、病院と直結したものや2世帯シニアマンションなども登場し、住み替える高齢者が増えています。
 
~高齢者賃貸マンションの設備について~

それではここで高齢者賃貸マンションの設備例をご紹介致します。

  • 緊急コール時にチェーンロックが外れる
  • 浴槽に入りやすいように手すり付き
  • 玄関にベンチを設置し、座って靴が履ける
  • 洗面所で足が冷えないよう部分的に床暖房完備
  • 車イスでの出入りや方向転換できるよう広めのサニタリールーム
  • 立ちっぱなしの台所仕事に配慮し部分的に床暖房完備
  • 段差をなくしたバリアフリー設計
  • 寝室・浴室・トイレには非常用の緊急押しボタン付き

高齢者賃貸マンション

上記の設備はほんの一例ですが高齢者が生活しやすいよう配慮された設備となっております。高齢化が進む現在、高齢者賃貸マンションの需要もますます大きくなっていくことでしょう。