管理相談はこちら

Blog for Owners

オーナー様向けブログ

マーケット情報

~神奈川県・千葉の空室率が35%超~

木造・軽量鉄骨の単身アパートが悪化

不動産調査のタス(東京都中央区)が9月30日に発表したレポートによると7月期の木造・軽量鉄骨造アパートの空室率が、増えているようです。

地域別に見ると・・・
神奈川県が36.6%、千葉県が35%、東京23区が34.5%、東京都が31.6%、埼玉県が30.7%すべてのエリアで空室率が30%以上を超える結果となっております。
調べてみたところ、2015年8月以降、空室率が急伸しているようです。

首都圏のうち人口が減少している地域で、最寄り駅から徒歩10分以上の立地の悪いアパートが多く供給されている。
その大半は単身向け物件で、これらが首都圏のアパート空室率を悪化させている要因のようです。

マイナス金利の影響もあり、賃貸住宅の着工数増加は当面継続し、賃貸住宅の空室率にも当面悪化する可能性がありそうです。。。

空室率が悪化しているとデータでは出ておりますが、当社では区分マンションはもちろん一棟アパートを含め全体での空室率は2%となっております!
日々都心を中心に新しいマンション、アパートの開発は進んでおりますが、ランドネット社員一同で空室を作らない為の方法を考え続けていきます!!!